kj

自分のキャパを広げたい!!

Posted on Posted in インターン参加者の声

初めまして、慶應義塾大学3年の佐藤啓人です。大学では金融工学を学んでいます。また、部活動は軟式野球部に所属しており、全日本大会出場を目指し、日々練習に励んでます。
留学経験は特にありませんが、海外旅行が趣味で、将来は世界を飛び回りたいです。学外では、トルコでの1ヶ月間の海外ボランティアへ参加した経験があります。未知の世界へと飛び込む姿勢を大切に、学生生活を送っています。


インターンをしようと思った理由

自分のキャパを広げるため
自分はこれまで、常に自分が上に立てるようなフィールドでしか戦ってこなかったので、自分の能力の枠を超えた挑戦をして、成長につなげるため。営業の経験すらなく、さらにそれを英語でやるということに挑戦して自分のキャパを広げたいです。

能動的に行動するため
海外旅行や、海外ボランティアへの参加などで、海外志向が高かったので、留学等も考えたが、それだと受け身になり、語学の成長のみになりそうなイメージがあり、一方就業経験も積みたかったので、辿り着いた結論が海外インターンでした。SAMURAI Internetでは、スタートアップの会社なので自発的に行動する機会を得ることができると思ったため。

 

インターン内容

時期: 2016年8月1日-2016年8月31日

期間:1ヶ月

業務内容:現地ディベロッパーに対する営業(※主に電話)

英語力: 留学経験はないですが、日常会話は無難にこなせる程度です。ビジネスで用いる英語を学びたいと思います。

一日の流れ(オフィス業務の場合)

9:00~10:00

  • 当日、翌日のアポのリマインドコール

10:00~10:10

  • モーニングミーティング

10:00~12:00

  • 営業電話

12:30~13:30

  • 昼食

13:30~17:30

  • 営業電話

17:30~18:00

  • 電話振り返り

18:00~20:00

  • その日振られたタスク(名刺の整理、マップ作りなど日によって大きく変わります)

 

心がけていること

自分で考えることです。与えられた仕事をただ単にこなしているだけでは、ロボットが作業しているのと同じです。そのタスクの意味、目的は何なのか、営業においてどうすれば成功するのか、などを考えながら仕事に取り組んでいます。自分で考える力は、教えられて身に付くものではないと思います。これは将来どの仕事に就くにせよ、求められることだと思います。能動的に物事を考え、この実践型インターンであるSAMURAI Internetで、是非身につけたいスキルです。

 

インターンの目標

具体的な数値で結果を残したい

自分は営業チームの一員として働かせて頂いているので、結果が数値として目に見えます。どのようにしたら成績が上がるのかを日々分析をし、目に見える結果を出して、インターン期間が終わった時に、「あいつが居て良かった」と思われるような結果を残したいと思います。

ライバルに負けない

自分は1ヶ月間という短い期間で結果を残すには、人よりも早く成長する必要があると思います。成長するには、ライバルという存在が必須だと思います。「絶対に負けたくない」と思えるライバルを見つけて、競うことで双方とも結果を残し、SAMURAI Internetに貢献したいです。それは自分の成長にも繋がると確信しています。

仲間と意見をシェアしたい

会社という組織についてはまだまだ分からないことはたくさんありますが、実際に働いてみて、意見をシェアすることの大切さを感じています。ある一つの部分を見るのではなく、総合的な視点から問題点を見つけて、「こうした方が良いんじゃないか」などと意見をシェアすることで、現状を更に知ることが出来るとともに、組織をマネジメントする力が身につくと思います。多角的な視点から考えることを意識しています。

 

マレーシア生活でしてみたいこと

冒頭の通り、旅行が趣味であるので、土日を利用してマレーシアの他に、マレーシアやタイなどの隣国も含めた観光地を巡りたいです。また、物価が安くて、多文化の混ざり合う国、マレーシアにせっかく来たので、色んな国の料理をたくさん食したいと思います。

 

メッセージ

悩むくらいなら行動すること
人生の夏休み、そう言われる大学生活では年間のおよそ1/3以上が休みです。自由な時間が多いからこそ、時間の使い方によって大きく差が生じると思います。もちろん、行動に正解はありませんが、何もしないよりは、何かを行動する方が絶対良いです。自分は常に、暇な時間を無くすことを意識しています。楽しむことももちろん大切ですが、何かに挑戦できる時間と体力があるのは今のうちだけだと思うので、躊躇せず挑戦して意味のある学生生活を送りましょう。


たいした記事ではないのですが、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
僕は昔から野球をやっていて、野球を通して仲間と一つの目標に向かって努力することを大事にしてきました。働いていても、皆で目標に向けて努力することによって、組織は成長し、同時に自分も成長すると思います。海外ボランティアの経験もあり、行動力には自信があるので、海外インターンに興味はあるけど、なかなか一歩を踏み出せない方などはぜひわたしに相談(Facebookメッセージ)してください!
お申し込みはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です